The Generic Surplus History

Generic Surplusは2008年、「日常的なシューズの進化」を目的に、The Generic Manから派生する形で誕生しました。

現在のロサンゼルスに息づくマインドを表現するべく、音楽やファッション・シーンと密接にリンクしながら、ポストモダニズム的スニーカー哲学のもと、高い機能性とデザイン性を備えたシューズを日々生み出しています。

Timeless, Refined, Monochromatic

スニーカーのデザインがどんどん派手になっていくなか、大きなロゴを捨て、配色はモノクロを中心としたシンプルなものに、素材使いは革新的かつ耐久性に優れ、美しく繊細なラインを描く、といったGeneric Surplus流のアプローチを継続しています。

ストリートウェア、ロックンロール、アバンギャルドファッションの要素を取り入れながら、日常的なシューズの新しい方向性を先導するタイムレスなデザインが特徴です。

 

Understated Sophistication

スニーカーに込めた「主張しすぎない洗練」は、個人のスタイルと結びつくことを容易にします。

スニーカーと革靴の、そしてカジュアルであることとドレッシーであることの境界線を取り払った、「GENERIC(一般的)」な履き物は、純粋かつ妥協の無い存在でありながら、個人個人のスタイルに違和感なく溶け込みます。

ロゴマークはヒール部分にさりげなく配すにとどめ、個性を尊重し、従来の習慣に捕らわれない自身のスタイルを持った男性にとって理想的なシューズを目指しています。